タダシップの特性を活かした使用法

ED治療薬を使用する時、薬の効果がピークに達する時間を知っておくと、より有効な使い方が出来ます。
一般的に、薬の効果が最大に高まっている時間というのは、その薬の成分の血中濃度が最大限に高まっている時間とリンクしています。
例えば、シアリス系ED治療薬であるタダシップの場合は、服用後2時間から8時間の間が最も血中濃度が高まり、効果が現れる時間となっているのです。
また、このピーク時間を超えると徐々に薬の成分の血中濃度は下がっていくのですが、シアリス系ED治療薬は、完全に効果が無くなるまでに36時間かかるとされているので、ピークを過ぎた後も十分効果が期待出来ます。
こうした特性を活かす方法として、デートの前に治療薬を予め服用しておくという使い方があります。
つまり、パートナーと出かける前にタダシップを服用しておくのです。
ただ、治療薬の服用は空腹時に行った方が良いでしょう。
シアリス系ED治療薬は食事の影響を受けにくいとされていますが、それでも空腹時の服用が最も効果を発揮する事に変わりはありません。
ですので、治療薬を服用してからパートナーと出かけ、1時間程経ってから昼食をとるといった様な使い方が理想的なのです。
さて、上記の手順を踏んでパートナーと昼食を終えた頃には、タダシップの効果が現れ始めている事でしょう。
この段階で男性としては準備オーケーなのですが、セックスはムードが重要ですので、お互いの気持ちが高まるまでは辛抱しましょう。
シアリス系ED治療薬は、先述の様に持続時間が長いので焦る必要はありません。
むしろ、治療薬を使っている事を忘れてしまっても構わないのです。
そのままムードを壊さずにデートを続け、夜になったら軽くお酒を飲むのも良いでしょう。
EDはアルコールの影響で効果が弱りやすいのですが、シアリス系は少量のアルコールなら影響を受けません。
ただ、ここで大量にアルコールを摂取すると今までの計画が水泡に帰す、という事になりますので注意が必要です。
アルコールで気分が高まったら、いよいよホテルへゴーです。
タダシップはその効果を十分に発揮する事でしょう。
また、そのまま一夜を過ごしても、まだ治療薬の効果は持続していますので、翌朝ホテルを出る前にもう一度セックスを楽しむ、という事も可能です。
こうした使い方が出来るED治療薬は、シアリス系だけです。
また、上記のプランの途中でも、ムードが高まればいつでもセックスをする事が出来ます。
何故なら、パートナーさえその気になれば、男性は治療薬の効果でいつでも臨戦態勢になっているのですから。
さて、このプランを見て何か気付かれる事はないでしょうか。
こうしたデートの楽しみ方は、健康な(EDでない)男性にとっては自然なものです。
“当たり前”のデートと言っても良いでしょう。
医薬品が“当たり前”の日常生活を取り戻してくれるものなのだとすれば、シアリス系ED治療薬のタダシップは、まさに“当たり前”のデートを取り戻させてくれる医薬品なのです。

Comments are closed.