タダシップはシアリスに比べて安価

「性行為を恋人や妻と楽しみたい。けれど、身体が付いて来ず困った」という時に活躍するのが、最近では認知度も高くなっているED治療薬です。
ED治療薬は主に海外製ですが、今では非常に身近な商品になりつつあります。
ネット上に置かれた医薬品の個人輸入代行サイトを使う事で、一般男子でも問題なく、色々な商品を取り寄せられます。
バイアクラやシアリスといった製品が市場では大きな支持を得ています。
しかし近頃ではジェネリック薬が徐々にシェアを伸ばし始めていて、タダシップなどの後発医薬品が市場で注文されています。
主なED治療薬の世界には、バイアクラとレビトラ、シアリスという、三大商品がありますが、タダシップはシアリス系統のお薬になります。
スピードタイプに区分されるレビトラやバイアクラとは違って、シアリス系統の医薬品は、スローペースな効き目があります。
即効性こそ備わっていませんが、足かけ三日間という驚異的な作用時間が魅力です。
タダシップはジェネリック薬なので、他の治療薬に比べて非常に安価になっています。
お財布の事情から、ED治療薬の購入を諦めていた方々にとって、後発医薬品の流行は朗報ではないでしょうか。
全くの素人でも海外製医薬品を主に提供する個人輸入代行サイトに、欲しい商品を伝えれば円滑に自宅まで配達してくれます。
また基本的に海外製医薬品は日用品のように、まとめ買いが出来ません。
最大でも約1ヶ月分の量しか一度に頼めないので、その点は事前に把握が要ります。
ED治療薬は中高年男性向けというイメージがありますが、今では若い20代、30代のユーザーもいらっしゃいます。
その理由として挙げられるのが、ストレスの増加です。
特に今どきの若者は長時間労働と複雑な業務を任されている事が多く、年齢に関係なくストレスからEDに陥るケースが増えて来ています。
せっかく恋人や妻が出来ても、性行為が楽しめなければ、意味がありません。
心因性EDやストレス性EDは、何の前触れもなく突如として身体に現れるので、なかなか事前に察知出来ません。
対症療法的に後からタダシップなどの海外製医薬品を使うのが、最も手軽な克服方法になるでしょう。
シアリス系統のお薬は、数値に換算すると最大36時間の効果時間になります。
あくまで最大の数値なので、毎回きっちりと36時間持続する、という事はレアですが、それでも24時間から30時間程度の維持が望めます。
そして推奨されている服用タイミングは、性行為を開始する60分になります。
持続型のお薬と言っても、出来れば性行為の直前に飲むのがベストです。
タダシップには先発薬であるシアリスと同じ主成分が入っていて、効果や持続時間はほぼ同等です。
ジェネリック薬の特徴である、個人差が若干先発薬よりも強い、という面があるものの、大半の男性ユーザーがシアリスと大差ない効果を感じています。
ジェネリック薬は先発薬シアリスに比べて大変リーズナブルな価格帯、およそ単価が3分の1程度に抑えられています。

Comments are closed.