食事量とED治療薬の効果の関係

ED治療薬は大まかに三種類に分ける事が出来ます。
シルデナフィルという物質を主成分とするバイアグラ系、そしてバルデナフィルを主成分とするレビトラ系、そしてタダラフィルを主成分とするシアリス系です。
これらのED治療薬にはそれぞれジェネリック版が存在していて、個人輸入代行業者で安価に入手する事が出来ます。
さて、すべてのED治療薬はPDE5阻害薬という共通した性格を持っているのですが、共通した弱点も持っています。
それは、食事や飲酒の影響を受けやすく、食後すぐの服用では効果が落ちてしまうという点です。
ただ、各治療薬ごとに食事から受ける影響の度合いは違います。

tadacip116中でもシアリス系治療薬は、最も食事の影響を受けにくいとされています。
新薬であるシアリスはもちろん、ジェネリック版であるタダシップもこの特性を受け継いでいて、具体的には800Kcalまでの食事なら治療薬の効果に影響を及ぼさないとされているのです。
この800Kcalというのはどの位の食事量なのでしょうか。
例えば、白米を100g摂取すると168kcalになります。
コンビニエンスストアで売られているおにぎりも、ご飯の量は概ね100gなのでこれに海苔や具材を入れても200Kcal前後と考えられるでしょう。
お肉に関しては、脂肪分の多少でカロリーは違って来ます。
ただ、例えば牛の肩ロースを100g食べられれば400Kcalは摂取すると考えておいた方が良いでしょう。

一方、鶏肉や豚肉はカロリーが少ないので、牛肉よりは摂取カロリーを抑える事が出来ます。
更に魚なら、肉よりもかなりカロリーは少ないので、カロリーを抑えながら満足感のある食事が出来ます。
具体的には、鮭100gで130Kcal程度です。
ただし、これらの食材は調理する事でカロリーは上がるので、その分を考えてメニューを調整した方が良いでしょう。
また、こうした食材ごとのカロリーを聞いてもピンと来ないという方も、多くおられるかも知れません。

そうした方も、料理ごとのカロリーの目安を知れば簡単にカロリーの調整が出来るのではないでしょうか。
例えばファーストフード店などで出されるカレーライスは、概ね一皿600〜700Kcalです。
これは並盛りでのエネルギー量で、大盛りなどになると800Kcalを超えてしまいます。

この他、100gの牛ハンバーグのエネルギー量は400Kcal以上、トンカツ100gは500Kcal程になります。
こうした数値はあくまで目安ですし、食事がどの程度シアリスやタダシップの効果に影響を与えるかは、使用者の体質や体調によっても変わると考えておいた方が良いでしょう。
ただ、軽い食事程度なら影響を受けない事は確かですし、その分シアリス系は使い勝手の良いED治療薬だと言えます。

特にタダシップは、個人輸入代行業者でまとめ買いをすればシアリスの6分の1程度の価格で購入出来て、気軽に使う事が出来ます。
また、効果の持続時間も最大36時間と非常に長いので、一度は試してみる価値のあるED治療薬だと言えるでしょう。

Comments are closed.